周辺情報

「道の駅小谷」で小谷村を味わいつくそう!

こんにちは東京の武蔵大学からインターンできました山下晃史です。
小谷村に来たのはこれで3回目ですが、このとっても自然豊かな、雨飾高原キャンプ場だけではなく小谷村がとっても好きになりました。

突然ですが皆さんキャンプにどんなこだわりをお持ちですか?
私は旅行の時にはいつもその地域の食材を食べることにしています。
みなさんの中にもその土地の食材を味わいたい方は、多いのではないでしょうか。

そんな雨飾高原キャンプ場にお越しになるキャンパーの皆さんにぴったりの場所とお得な情報を紹介します。

小谷村の食が集まる拠点!「道の駅小谷」

「道の駅小谷」は小谷村の食が集まる場所!
小谷村やその周辺で取れた野菜や地元のお酒はもちろん、「道の駅小谷」が開発したオリジナル商品も数多く取り揃えられていて、小谷村の特産品を購入するにはうってつけ!
小谷村に来たからには一度は訪れたい場所になります!

「道の駅小谷」の魅力はこれだけではありません。

なんと、温泉と料理も楽しめちゃいます!しかも500円以上の食事をすると入浴料が半額!

車でキャンプ場に来られる方におすすめの施設です。

そんな「道の駅小谷」のこだわり抜かれた、温泉と食事を支配人の富野さんに案内していただきました。

道の駅小谷・支配人 富野さん

温泉は源泉掛け流し!至れりつくせりな施設「深山(みやま)の湯」

温泉「深山の湯」へは「道の駅小谷」の中から入ることができます。

深山の湯の一番の魅力は源泉掛け流し!とっても贅沢な温泉なんです。しかも温泉は温度の違う2つの源泉から温泉を引いているため、加温や加水をせずに、いつでも快適な温度の温泉を楽しめます。

露天風呂・熱湯・ぬる湯・水風呂・サウナが用意されておりリンスインシャンプー・ボディシャンプー・ドライヤー完備!まさに至れり尽くせりの温泉になっています。この温泉が半額で入れるなんてお得すぎますね!

実際に私も入浴させていただきましたが、様々な温度の温泉がありどんな人であっても楽しめる素敵な温泉でした。露天風呂の開放感は格別です。

小谷村産コシヒカリのかまどご飯!小谷村にこだわった「鬼の厨(おにのくりや)」

つづいては食事処 「鬼の厨(おにのくりや)」です。

中でも一押しはかまどご飯!

こちらのかまどで炊かれた小谷村産コシヒカリをいただけます。
本来は三升炊くことのできるかまどなのですが、炊きたてを食べて欲しいとの想いから一升ずつたいているそうです。

燃料には環境に配慮したウッドチップを使うなど細部までこだわっています。
お米以外にも小谷村産のものをできる限り使用されており、まさに小谷村を味わうことができます。

さらに9月末から11月の始めにかけては、小谷村の特産であるきのこも楽しめます。これからの季節さらに小谷村を味わいつくすことができますね。

また隣の軽食コーナーではオリジナルの「おやき」や「さるなしソフトクリーム」などもいただけます。

道の駅支配人がおすすめ!雨飾高原キャンプ場で楽しめる地元商品3選!

最後に富野さんに雨飾高原キャンプ場で楽しめるおすすめの商品を選んでいただきました。

「焚き火をしながらしっぽりといただきたい!」地酒『雨飾山』

一番のおすすめは「雨飾山」です!小谷村中谷の棚田で育った秋田小町と百名山「雨飾山」の伏流水で醸したお酒で、濃醇で香りが高い甘口のお酒です。
まさに小谷を味わえる純米吟醸です。

「バーベキューにぴったり!」野豚の旨味が味わえる『野豚ポロニアソーセージ』

小谷野豚は信州産の子豚を小谷村の大自然の中で約4ヶ月間放牧して育てられます。自由に野山を駆け回る小谷野豚は肩に肉がつき肉や脂肪の旨味が格別!
「野豚ポロニアソーセージ」はそんな小谷野豚をキャンプでだべるのにぴったりです。

「食後のデザートに!」クリーミーな『おたり きなこプリン』

食後のデザートにおすすめが「おたりきなこプリン」!小谷産の大豆から道の駅で作られたこだわりのきなこがしっかりと味わえるプリンです。

実際に食べてみると、きなこの味をしっかりと味わえるとってもクリーミーなプリンです。子供から大人までデザートにおすすめです!

道の駅小谷はキャンプ前に訪れるのにぴったり!

「道の駅小谷」によれば、キャンプ場でも小谷を味わい尽くせること間違いなしです!ぜひみなさんも、肌だけでなく舌でも小谷村を味わってください。
実際に雨飾高原キャンプ場にいらしゃったキャンパーのみなさんにキャンプ飯について取材した記事もありますのでぜひ参考にしてみてください。