お客様の声

【スタッフ取材記事】愛犬とのキャンプの楽しみ方

こんにちは!武蔵大学3年の鈴木です。

8月12日から18日までの一週間、雨飾高原キャンプ場でインターンシップを行いながら様々なことについて学んでいます。

キャンプ場の運営は初めてのことばかりでとても大変です。

雨飾高原キャンプ場では、お盆期間中たくさんのお客様がキャンプを楽しんでくださいました。
夫婦2人きりでゆったり楽しむお客様や、小さな子供を連れて自然を楽しんでいるファミリー、複数の家族で来て盛り上がっているグループ、愛犬を連れてゆっくりと過ごしているお客様など様々なキャンプの楽しみ方がありました。

その中でも私が興味を惹かれたのは、愛犬を連れたお客様です。

キャンプ場に動物がいるとは思っていなかったので犬の散歩をしている人を見たときはとても驚きました!

そこで、今回ペットを連れてキャンプを楽しんでいるお客様にお話を伺い、取材を通して感じた愛犬とのキャンプの楽しみ方についてご紹介していこうと思います。

人が大好き一緒に遊びたい!みいもなさん

アメリカンコッカースパニエルの「もおるくん」 と一緒にキャンプを楽しんでいたみいもなさん。

もおるくんの視界に入ると、とても吠えられてしまいました。
しかし、少し触ると大人しくなり、隣に座ってくれました。もおるくんは、社交的でいろんな人と仲良くしたいそうです。

みいもなさんはキャンプをする際には高原がいいという条件があり、長野の高原キャンプ場を探しているときにこの雨飾高原キャンプ場に出会ったそうです。

みいもなさん流キャンプ場の選び方

全国にはドッグランサイトというキャンプサイト自体がドッグランとなっており、その中に犬を放しつつテントも張れるというキャンプ場が所々あります。
しかし、そこはすぐに予約が埋まってしまう上に値段が張ってしまいます。

そのため、「ドッグランサイトの次に選ぶのは区画サイトで犬が大丈夫なキャンプ場です。」とみいまるさんは話します。
フリーサイトは宿泊の方が少ない場合、広々と使えますが、宿泊する人数によっては狭くなってしまうため、あらかじめ決められた区画のキャンプ場を選ぶそうです。

さみしがり屋のもおるくん

みいもなさんは猫を2匹飼っており、「みい」 と「もな」 という名前のため、ニックネームなどでよく使用していると話します。

2匹の猫は3泊くらいの間、いい子でお留守番ができるそうですが、もおるくんはお留守番ができないと言います。
そのため、もおるくんを置いて家を開けるときは必ずペットホテルに預けるそうです。
「夫婦でお出かけをするときには、一緒に連れて行くんです。」とみいもなさんは語ってくださいました。

もおるくんは、自然を楽しむことが好きで以前は長野県大町市にある青木湖でカヤックにも乗ったそう!
しかし、水が嫌いな一面もあると楽しそうに話してくれました。

ペットを連れてキャンプに行きたいと考えているが、どんなキャンプ場がいいのか分からないという方はみいもなさんのように自然が豊かで区画ごとに分けられているキャンプ場を選んでみたらいいのではないでしょうか?

キャンプではいつもと違うご飯を!刀根さん

マルチーズとビーグル2匹の「もこくん」「ジョイくん」「ルークくん」を連れてキャンプに参加していた刀根(とね)さん。

やはり最初に3匹には吠えられてしまいましたが、一度撫でたらとても大人しくリラックスした様子になりました。

「キャンプに行く際にはご飯を持っていくが、作ることもある。」と話す刀根さん。キャベツと人参と鶏を煮てあげるそうです。キャンプでは普段あげているご飯ではなく、手作りも多いと言います。

この写真は右の鍋に入った料理の上にお肉を焼いて乗せてあげる3匹のためのご飯です。

キャンプではいつもと違うご飯がでるため、特別感がありますが、3匹はどんなご飯でも食いつきがいいそうです。
いつもとは違うご飯でもいつもと同じように食べるのはかわいいですね。

キャンプではいつもとは違うご飯をあげてみるのもいいですね!

自然が大好き!あっこさん

ゴールデンレトリーバーの「あいちゃん」と「ミントちゃん」の2匹と一緒にお散歩をしていたあっこさん。

2匹のお写真をお願いすると快く承諾していただき、「よかったね、モデルになれて」と笑いながら話されました。

雨飾高原キャンプ場に来られるのは2年目!
「国立公園のため環境がまったく違い、設備もよく涼しく、すべてがいい。」と語るあっこさん。

また、あいちゃんとミントちゃんがこのキャンプ場を気に入っており、川もあり涼しく、大好きだそうです。
普段は目が死んでいるミントちゃんはとても生き生きとして、目が輝いているとあっこさんは話します。

キャンプの時は時間を忘れて愛犬と過ごす

朝から晩まで2匹の愛犬と一緒にいれることがとても嬉しいと話します。
普段は仕事をしているため、24時間ずっと一緒にはいられないそうです。

また、雨飾高原キャンプ場で販売されているトウモロコシが甘くて美味しかったようで喜んで食べてくれたといいます。

雨飾高原キャンプ場では、朝採れた新鮮な野菜を非常に安く販売しており、たくさんの方に買っていただいています。

その野菜がヒトだけではなく、愛犬にも美味しく食べられていると聞き、野菜を栽培していない私でも、とても嬉しかったです。

それぞれ違う愛犬との楽しみ方

インタビューをさせていただいた3組のお客様は愛犬と一緒にキャンプを楽しむという共通点がありましたが、それぞれで違った楽しみ方がありました。

私にはキャンプを愛犬と一緒に楽しむという考えがなかったため、今回の取材では知らないことが多く、新しい情報であふれており、とても勉強になりました。

この記事をきっかけに、愛犬を連れてキャンプをしたいと考えている方の参考になったら嬉しいです!

雨飾高原キャンプ場は、豊かな自然に囲まれており、都会とは大きく異なった魅力があります。

きっとみなさんの愛犬も雨飾高原キャンプ場ではいつもと違った様子を見せてくれると思います。

雨飾高原キャンプ場は、ペットを連れての宿泊が可能です!
ぜひ皆さんも愛犬とのキャンプをお楽しみください!