お客様の声

【スタッフ取材記事】テントの中は自分だけの空間!今話題のソロキャンプの魅力

こんにちは。
東京の武蔵大学から来ましたインターン生の横野です。
現在、雨飾高原キャンプ場でキャンプ場運営や、お客様へのインタビューを基に記事の執筆を行っています。

早速ですが、皆さんは「ソロキャンプ」という言葉をご存知でしょうか?

ソロキャンプとは家族や友人など、大人数で楽しむものという従来のキャンプのイメージとは異なり
一人でテントを張って静かに自分の時間を過ごす新しいキャンプのスタイルです。

昨今、芸人のヒロシさんをはじめ、複数の芸能人の方が没頭していることで少しずつ認知されるようになってきています。

今回は、雨飾高原キャンプ場に一人でお越しのお客様にインタビューを行い、
一人キャンプの魅力とその楽しみ方をお二人のソロキャンパーの方に聞いてきました!!

登山とキャンプをセットで楽しむ!豊田市在住の福田さん

7年前に一人で御嶽山(おんたけさん)に登ってからその楽しさと山頂からの景色に魅せられ、以来、年数回の登山が習慣になったという福田さん。
登山するときは同時に山の麓でキャンプをすることも多いといいます。

今回も、雨飾山登山のために、登山口のすぐ側にある雨飾高原キャンプ場にお越しいただきました。

何をするのも自由なソロキャンプ

一人で登山やキャンプをする魅力はやることを全て自分の意思で決められることだと福田さんは話します。

「山に行きたければ登れば良いし、ご飯を食べたかったら食べれば良い。こんなものに嫁さんはついてきてくれませんよ(笑)」
と福田さん。

昔はよく家族とキャンピングカーで各地に出かけ、スキーによくいっていたとのこと。
地元の愛知県と白馬はすでに100往復以上したという福田さんですが、今では時間を自由に使えるソロキャンプがお気に入りになっているとのことです。

テントの中で音楽を楽しむ

音楽が好きな福田さんにとって、テントの中で音楽を聴くのもソロキャンプの醍醐味だといいます。

なんと、名古屋でビックバンドのドラマーもしているという福田さん。
キャンプ中に、自分たちの演奏を聴くこともあるそうです。

登山中は自然の音に耳を傾け、夜はテントの中で一人好きな音楽を楽しむのが福田さん流です!

福田さんは一人で各地をまわる楽しさをこう語ります。
「行った先でどんなことが起きるのか分からないけれど、最終的には音楽を聴きながらお酒を飲んで寝る。それが幸せ。」

仕事をしながらも、自分の好きなことを追求する福田さんの姿を見て、これからの生き方の参考にしたいと素直に感じました。

雨飾高原キャンプ場は、雨飾山の登山口に位置していて、登山者用サイトの貸出しも行っています。

福田さんも疲れが全て吹き飛んだという山頂からの景色を見にぜひ
雨飾高原キャンプ場にいらしてください!

キャンプは年間10回以上!ソロキャンプ歴4年のトモさん

もともとツーリングが趣味だったというトモさん。
遠方に住む友達とどこかで待ち合わせをして、また暗くなる前に帰らなければいけないのが煩わしくなり、バイクで向かった先でキャンプをするようになったといいます。

その後、ツーリングよりキャンプがメインとなり、今では荷物がたくさん運べるという理由で車での移動になったそうです(笑)

誰にも気を使わず、ストレスフリーで趣味を楽しむ

友達とキャンプに行くこともありますが、年十数回のキャンプのうちほとんどがソロキャンプだというトモさん。
トモさんは、「ソロキャンプの魅力は誰にも気を使わなくて済むこと」と話します。

「普段仕事で人と関わっている中で、嫌なこといっぱいあるじゃないですか。そういうストレスをテントでゆっくり過ごすことで発散しています。」

基本的に一泊で帰ることが多く、キャンプ場に着いてから一日中テントで過ごすことがほとんどだそう。
「(キャンプ場に)来て、読書して、昼寝して、それで夕方になったら映画見ながら焚き火して、で寝るっていう(笑)」

想像するだけで、気持ちが穏やかになりますね(笑)
大自然に囲まれながら楽しむ本や映画は格別です!

キャンプで心がけていることは、とりあえずキャンプ場に行くこと!

トモさんは、道具がなくても、天気が悪くても、とりあえずキャンプ場に行くことが大事だと話します。

4年前キャンプを始めたときも、持っていったキャンプグッズと言えばアマゾンで買った6,000円くらいのテントだけ。椅子もなく、地べたに座って過ごしたといいます。

「流石にお尻が痛かったので、ホームセンターで1,000円の椅子を買ってきて座ってました(笑)」とトモさん。

雨の日でもキャンプに行くらしく、緑が雨に濡れることで景色がより鮮やかに感じられるそうです。
お客さんが少ないのも、静かに過ごしたいトモさんには都合が良いそうです。

実は去年も雨飾高原キャンプ場に来たというトモさん。
キャンプ場についた時は土砂降りだったそうですが、夜には雨が上がり、夜空いっぱいの星に魅せられたといいます。

一人でまったりとする星空鑑賞も、思い出に残ること間違いなしです!

とにかく自由なソロキャンプ

ソロキャンプは圧倒的に自由です。自分の好きなときに好きなことができます。

福田さんのように、登山をしたり音楽を聴いたりするのも良いし、トモさんのように本を読んだり映画を見たりするのも楽しそうです。
私自身ソロキャンプにもともと興味はありましたが、今回お二人にお話を聞いて、自分も今年中にソロキャンプへ行こうと決心しました(笑)

是非この記事をご覧の皆さんも、雨飾高原キャンプ場で一人、まったりとソロキャンプを楽しんでみませんか??